東京大空襲平和給食 すいとん

画像
☆今日の献立☆
大根めし、焼きししゃも、すいとん、ふかしさつまいも、牛乳
 ※ 昭和17年4月18日にアメリカ軍による初の空襲がありました。その後東京は昭和19年11月14日以降に106回も空爆を受けました。特に規模が大きかった昭和20年3月10日の空襲を「東京大空襲」と言っています。太平洋戦争中に行われた空襲の中でも、とりわけ民間人に被害を与えた空爆です。3月9日深夜から10日未明にかけ、東京都で10万人、墨田区だけで6万人余の方が亡くなりました。
 その当時の昼食はどんぶり1杯の雑炊やすいとんだけでした。すいとんといっても汁ばかりで、今日の給食のように野菜がたくさん入っているわけでもなく、具は名も知らぬ葉っぱが浮かんでいたに過ぎません。
 現在は、日本も豊かになり、お金さえ出せば何でも手に入ります。食べ物が余ってたくさんのゴミを出している日本のような国もあれば、足りなくて援助を受けなければ生きていけない国もあります。
 今日、食べるものがあるということは、決して当たり前のことではありません。まず、食べられることに感謝していただきましょう。